歯科で入院治療を要するとき

歯の病気というと虫歯の治療や歯周病の治療で通院で行うものがイメージされますが、実は大掛かりな治療もあります。例えば、交通事故などの外傷で歯が折れたり、顎の骨が折れたりという場合、脳外科など生命に関わる科での診療が優先されますが、歯科口腔外科へ入院することがあります。また、口腔内の癌の治療は口腔外科の担当領域です。手術はもちろん、抗がん剤投与や放射線療法などの治療を担当します。そのほか単純に抜歯といって歯を抜く行為であっても、心臓病などの持病があり慎重に進めなければならないときも歯科へ入院して行います。通院のイメージが強いですが、以上のようなケースがあるのです。

矯正歯科は信頼できる医院で。
長期の治療になるので、しっかりしたカウンセリングと治療を行ってくれるところがいいですよ。こちらはお勧めです。

虫歯で入院することもあるのです

少し痛むけど時間がない。虫歯や歯肉炎を放置していませんか。歯科のトラブルを放っておくと、最悪入院や手術になってしまうことはご存じでしょうか。虫歯とは歯の表面のエナメル質が酸によって溶けることで引き起こされます。溶けた部分や炎症を起こした歯肉から菌が入り込み、歯の根元などに膿がたまることがあります。これをそのまま放置してしまうと、菌が血流に乗って広がり発熱や関節痛、髄膜炎など様々な症状を引き起こしてしまうのです。溜まった膿は切開などで取り除きますが、一緒に歯も抜いてしまう事も少なくありません。合併症が酷ければもちろん暫く治療が必要になります。入院設備がある歯科のほとんどが総合病院なので、場合によってはすぐに治療できないこともあります。酷くなってしまう前に、早めに治療を受けるようにしたいですね。

愛知県 歯医者おすすめ歯科はこちら。
歯の治療でも納得したうえでこそ、治療を行うべきです。こちらの歯科では、セカンドオピニオンもおこなっております。

歯科へいく時の情報